プログラミングを上達させたい

プログラミングの勉強を始めた、情報学専攻の大学院生です。モチベーション維持のため、ブログに勉強したことを書いていきます。→就職。IT全然関係ない仕事をしています

みんなのプロコン 2019 に出ました

AtCoderみんなのプロコン2019に出ました。ヤフーさんが主催のプロコンです。

最近のパフォーマンス値が良い回と悪い回を振り返ってみると、自分が解ける問題を「いかに早く解けているか」がパフォーマンス値にとても大事なことが分かりました。
ということで、今回の目標は「解ける範囲の問題をめちゃくちゃ速く解く」にしました。
事前に配点を見てみると、100-200-400-600-800-900とのことだったので、「まずB問題まで超速く解く」「C問題もできれば超速く解く」が目標です。

結果としては、"自分が解けるかどうか"である400点のC問題も無事に、しかも速く解くことができました!!
ということで、回答を書いていきます。

続きを読む

CADDi 2018 for Beginners@AtCoderに出ました

AtCoderでやっていたCADDi 2018 for Beginnersに出ました(前回の大会でレーティングが1200より下に下がったので、Begginnerの方に出ました)。
結果としては3問目までAC、500点問題であったD問題は解けませんでした。
caddi2018b.contest.atcoder.jp
解答など書いていきます。

続きを読む

競プロのときにはintの範囲に気を付けなアカンでホンマ

先週のAtCoderGrandContest029での成績が悪く水色から緑色に落ちてしました。
A問題を解くアルゴリズムは分かったものの、途中でとある変数の値がintの範囲外に出ることに気づかず30分以上時間を無駄にしたのが原因です。
しかもそれが悔しいからと過去問を解いていたら、またも同じようなミスでめちゃ手間取りました。
自分に「intの範囲に気を付けろ」という精神を根付かせるため、このエントリを書きます。

続きを読む

Lisp(Scheme)で書く、重複を許した組み合わせ(AtCoderBeginnerContest114 C問題)

久々の投稿です。
水色になってから全然AtCoder出られておらず、また勉強もできていないです。
水色になったものの、本当に"ギリギリ水色になれるレベル"である実感があるので、勉強していかないと青は無理そうです。
ということでAtCoder Beginner Contest 114を、(何故かそういう気分だったので)Schemeで解くことにしました。
abc114.contest.atcoder.jp

何の記事なんだよ!!コレは!!

この記事ではこのC問題で必要となった"「重複を許した組み合わせ」をSchemeで記述する"ことについて書きます。

続きを読む

AtCoder Beginner Contest 112 に出ました(全完!嬉しっ)

リアルタイムでAtCoder出ました。
AtCoder Beginner Contest 112です。

開始46分で4問全完できました!とても嬉しい。ただ、3回提出ミス(全部C問題)があったので、"開始61分で全問正解"換算です。もったいない・・・
4問目の解き方がすぐ分かったのが幸いでした。

AtCoder Beginner Contestは、1200未満の人にはレーティングつきません。
現在のレーティングは1182。多分今回でBeginner卒業かと・・・!レーティングどうなるか、楽しみです。

では、解答を書いていきます。

続きを読む

AtCoder Regular Contest 103 に出ました

レーティングを上げるぞう、ということで、今日もAtCoder出ました。
いつもBeginner Contestですが、勇気を出してRegular Contestに出ました。

AtCoder Regular Contest 103 - AtCoder

AtCoderのシステムでは、レーティングとパフォーマンスというものがあります。
パフォーマンスは「その回だけのレーティング」で、それを何回もやっていくと「レーティング=パフォーマンス」に収束するらしいです。
つまり、例えばゆくゆくレーティング2000を狙うなら、普段からパフォーマンス値を2000前後取っていく必要があるということです。
ただ、Beginner Contestだとどんなに成績が良くてもパフォーマンス値が1600までしか付かない仕組みとのこと。

いつかレーティング1600以上になりたいと思っている僕としては、パフォーマンス値1600より大きいのを獲得しなければならないわけで、今回Regular Contestに出る運びとなったわけです。

※最後に書きますが、この決断は合っていました!!!

続きを読む