プログラミングを上達させたい

プログラミングの勉強を始めた、情報学専攻の大学院生です。モチベーション維持のため、ブログに勉強したことを書いていきます。→就職。IT全然関係ない仕事をしています

Tenka1 Programmer Contest 2019に出ました(1完)

久々にRatedなコンテストに出ました!
atcoder.jp
配点はC=300/D=600/E=800/F=800だったので、目標はCをなんとか解き、他のが奇跡的に解ければ・・・!というところ。

結果としては、C問題が2回WAを出しての開始40分でAC、その後E問題に取り組むも間に合わず時間切れ、という結果でした。
自分なりの解説です。

続きを読む

KaggleのFacial Keypoints Detectionの入り口まで(R言語にて)

久々にKaggleをやりました。
やったとは言ってもガチのコンペではないやつをチュートリアルに基づきながら進めていっただけです。

やったのはこちらの問題。
www.kaggle.com

顔の画像データが入力して与えられるので、鼻の頭の位置や目の各ポイントの位置など特徴点の位置を推定しましょう、というものです。

続きを読む

みんなのプロコン 2019 に出ました

AtCoderみんなのプロコン2019に出ました。ヤフーさんが主催のプロコンです。

最近のパフォーマンス値が良い回と悪い回を振り返ってみると、自分が解ける問題を「いかに早く解けているか」がパフォーマンス値にとても大事なことが分かりました。
ということで、今回の目標は「解ける範囲の問題をめちゃくちゃ速く解く」にしました。
事前に配点を見てみると、100-200-400-600-800-900とのことだったので、「まずB問題まで超速く解く」「C問題もできれば超速く解く」が目標です。

結果としては、"自分が解けるかどうか"である400点のC問題も無事に、しかも速く解くことができました!!
ということで、回答を書いていきます。

続きを読む

CADDi 2018 for Beginners@AtCoderに出ました

AtCoderでやっていたCADDi 2018 for Beginnersに出ました(前回の大会でレーティングが1200より下に下がったので、Begginnerの方に出ました)。
結果としては3問目までAC、500点問題であったD問題は解けませんでした。
caddi2018b.contest.atcoder.jp
解答など書いていきます。

続きを読む

競プロのときにはintの範囲に気を付けなアカンでホンマ

先週のAtCoderGrandContest029での成績が悪く水色から緑色に落ちてしました。
A問題を解くアルゴリズムは分かったものの、途中でとある変数の値がintの範囲外に出ることに気づかず30分以上時間を無駄にしたのが原因です。
しかもそれが悔しいからと過去問を解いていたら、またも同じようなミスでめちゃ手間取りました。
自分に「intの範囲に気を付けろ」という精神を根付かせるため、このエントリを書きます。

続きを読む

Lisp(Scheme)で書く、重複を許した組み合わせ(AtCoderBeginnerContest114 C問題)

久々の投稿です。
水色になってから全然AtCoder出られておらず、また勉強もできていないです。
水色になったものの、本当に"ギリギリ水色になれるレベル"である実感があるので、勉強していかないと青は無理そうです。
ということでAtCoder Beginner Contest 114を、(何故かそういう気分だったので)Schemeで解くことにしました。
abc114.contest.atcoder.jp

何の記事なんだよ!!コレは!!

この記事ではこのC問題で必要となった"「重複を許した組み合わせ」をSchemeで記述する"ことについて書きます。

続きを読む